akk architects

Nature,technology,tradition and future

Vulcanize London (2009)

折り畳まれたブリティッシュ・アーケード

イギリスの上質なライフスタイルを支えるモダンブリティッシュブランドを統合的に発信するVULCANIZE LONDONの南青山本店である。
長い時間の中で培われたクオリティと価値観を共有するこれらのブランドのプラットフォームとしてあるために求められたのは、ステレオタイプなイギリスのイメージではなく、ロンドンでの人々のいつもの暮らしに流れる空気感を表現することであった。
蓄積された時間の切断面があらわとなった歴史的建造物や装飾のスタイルを解釈して積極的に取り込むというよりは、街の風景の中に溶け込むようにして存在するアーケードをひとつのモデルとして、ロンドンという街の体験がもたらす身体的な感覚を、要素を限定しながらいかに与えられた空間に織り込むかに腐心した。
3層からなる全体は、1,2階を店舗エリア、3階をプレスルーム・ラウンジとしている。南青山の魅力的な路地空間へと接続させるように、1階には新たにエントランスを設け、カフェやイベントも行えるステージのような空間を既存の床レベルを大きく操作しながら配置している。落ち着いたプライベートな雰囲気の2階には、作業風景のみえるリペアルームが、開かれたビスポークラウンジに並べて配置されている。また、ロンドンの街並みに溶け込む多くの緑の空間のように、3階はオープンテラスを介して空へとつながる開放的な空間としている。
  • Client: BLBG
  • Program: Reteil+Lounge
  • Area: 1,000sqm
  • Site: 東京・南青山
  • 商店建築2010年9月号