akk architects

Nature,technology,tradition and future

コンピューターシミュレーションによるスタディ_01

Stick Envelope(2015)

世界中どこにでも手に入るような単純な素材を誰でも組み立てられるような仕組みを通じて、ドームや洞窟という建築の原型を辿ることで根源的な人の居場所をつくる。
鳥たちが枝で自らの巣をつくるように、スティックやパイプ(紙管)を解体可能な簡単な方法で組み上げることで仮設的な居場所を皆でつくりあげたいと考えました。
  • 素材:紙管L=1000, t2mm / 輪ゴムバンド
  • 2015年度 秋・冬の通信教育部一般公開授業実施
  • 2015年度 特別制作研究助成プロジェクト
材料を使用した最初のスタディ
材料を使用した最初のスタディ
ランダムコンストラクションによる試行
崩壊状態
冬の1通信教育部一般公開授業における規則性を導入した試行
『プリミティブエンヴェロープ コンストラクション』紙管でつくるスペース・ストラクチュアワークショップ
人間館 ギャルリ・オーブ