akk architects

Nature,technology,tradition and future

view from approach

ステップハウス (2005)

地形につながる階段状の居場所

限られた空間を最大限に活用するために、階段状にせり上がる床面を空間の構成要素として取り入れている。幅およそ70cm、段差42cmの段状床面は椅子、キッチン設備の埋め込まれた作業台、机あるいは就寝用のベッドとして機能することで小さな空間をそのスケール以上に大きく利用することを可能にする。また、空間の質に多様性を持たせるためにここでは向きの異なる階段状の床面が平面をおよそ2分するように組み合わされている。
これにより、木造のパネルにより構成される覆いのもとに、地形の一部としてのテラスと一体化する開放的な「動」のスペース、自然を取り込みつつ閉じた「静」のスペースがトンネル部分を介して共存する。その小さな空間の中に大きな自然を取り込み、様々なアクティビティを喚起させる場所の提案。
  • くまもとアートポリス2005設計競技
  • 「次世代モクバン」 球磨村森林組合長賞
  • Client: くまもとアートポリス
  • Program: バンガロー
  • Area: 25sqm
  • Site: 熊本県球磨村
interior space
bird' eye view