akk architects

Nature,technology,tradition and future

model detail

Paper x Fabric (2007)

一枚の柔らかい布がつくりだす柔らかな場所

1枚の布がふわっと場所を覆う、その瞬間をまるで凍らせるかのようにして場所をつくる試みです。
コンピュータシミュレーションにより導かれた形態は、フィージブルなコンストラクションプロセスを達成するために小さなセルの集合へと変換されます。2次元へと展開可能な1つ1つのセルは紙でつくられ、組み上げられた後にレジンで硬化させることで構造的安定性を増加させます。フレームに対して様々なバリエーションのサーフェスをあてることで、内部空間を多様に彩ることが可能となります。
  • 京都造形芸術大学個人研究
  • コンピュータシミュレーションを援用した
    フォームファインディングに関する研究
  • Client: private commission
  • Program: Screen Furniture
  • Area: 25sqm
  • Site: Kyoto,Japan
inner space
Cell Model+ Shadow
Morphological Process & Construction Process
plan
section A-A