akk architects

Nature,technology,tradition and future

Paper Pleats in a clover field

Paper Pleats (2008)

プリーツという形式とテクノロジーが融合することで試みる新しいクラフト感

紙という身近な素材に対し、プリーツという形式を与えることによって家具としての可能性を追究することを試みている。
プリーツは、その折りの調子を操作することにより、またストリップの平面形状の初期設定により、二次元あるいは三次元的に自由に展開してゆく。曲げと接着により生成されるプリーツのもつ構造的な強度と、ファニチャーとして最終的に閉じるようにそれらが織り上げられる構成により全体としての安定性を図る。
薄く積層された紙と樹脂の組合せ、あるいはバルカナイズドファイバーペーパーを援用するこのプリーツのシステムは、先端テクノロジーとクラフトが融合したような新たな感覚をもつ家具、そして空間を生じさせる。
  • 家具デザインコンペティション2008 奨励賞受賞
  • Client: 遠藤照明
  • Program: 家具
  • Area: ****
  • Site: 東京・青山
プリーツシステムによる空間のしつらえ
このプリーツシステムは、そのインプット(機能、サイズ、強度、マテリアル特性、最終形態)に応じてその形式を変化させることで、多様な要望に呼応することが可能となる。
Pleats _Stool: W550mm x D420mm x H420mm
プリーツによる空間モデル
45度ずらして上下に配置された正方形の各辺をちょうどSの字を描くようになめらかにつなぐような構成をもつスツールです。
2方向に対称性をもつというその幾何学的特性を利用して、全体のジオメトリーを構成する帯の1/8を基本ユニットと考えます。平面シートへと展開可能な基本ユニットの帯を上下反転させながらつなぎ合わせていきます。基本ユニットの木のシートを積層させていく際には、各層ごとにつなぎ目が上下にずれるようしてユニットを配置することで強度の向上を図ります。
ぐるりと正8角形をつくるように配置されるユニットの帯を閉じて固定することにより、スツール全体として安定した強度を得ることができるのです。