akk architects

Nature,technology,tradition and future

view from approach

House in Kobe (2008)

ドーナツ・リビングの家

編成材を利用した壁柱を構造ならびに空間構成の中心要素とし、シンプルかつ合理的なシステムにより内部空間の計画の自由度を高め、質の異なる様々な場所を内包する豊かな住空間を試みています。
ここで提案する4人家族のための住宅は、1階を高さを抑えたプライベートな個室群とし、2階をボリュームのあるリビングスペースとしています。建物の各コーナーと十字形に配置された壁柱は、全体を周縁部と中央の大きく囲われたエリアに緩やかに分節します。1階の各個室では内側の壁柱を境界にして天井高さに変化をもたせるなど外部空間から内部空間への移行にグラデーションを与えることが可能となります。
2階のリビングスペースでは、中央の大きく囲われた空間をパブリックな家族のための空間、周縁部をユーティリティスペースやプライベートなリビングスペースとして連続させながら趣向の異なる空間として利用することが可能です。また、2つの空間の床面に段差を設けたり、カーテンや障子などを利用することで分節の度合いをコントロールし、空間に奥行きをもたせることが可能となります。
  • Client: private commission
  • Program: Residential
  • Area: 155sqm
  • Site: 兵庫・神戸